ビビり系むしょくのPDCA

起業したいうつ病の人のちいさな挑戦記録。毒親、AC、起業etc

↑読んだらぽちっとお願いします。
このブログを読む人の輪が広がるように。

情報発信初心者になってみよう

PLAN

こちらの記事で「友達のためになるようなビジネスをしよう」と考えた私ですが

 

anzen-kichi.hatenablog.jp

 ビジネスをやるやらないでいうと間違いなくやっていきます。やらないと生きていけないので。

ひとつのキーワードとして「情報発信」があるのかなと思っています。これは、以前から気にかけていた「うさんくささとの戦い」にも通じるものです。

今私の属している人の輪というのは会社員会社員しかいないわけで、個人事業主やビジネスオーナーなんかになろうと思うと違う価値観を仕入れてこないといけません。そのためには新しい人に会う必要があります。

ということは、相手にとっても私は初めましてなわけです。

色々な人に会って気づいたのですが、「相手が信用できるかどうか判断すること」と同じかそれ以上に、「自分が信用できる人間であると分かってもらうこと」は難しいなと感じています。

住所を教えちゃうとか、LINE交換しちゃうとか、個人的な相談をしちゃうとか、いろいろな手段はあるかと思いますが、「どんな考え方を持ってる人なの?」を伝えるためには、継続的な情報発信が必要だなと思いました。

「なんかかっこいいことHPに書いてあるけど、これ昨日一夜漬けで作っただけじゃないの?」とならないためにも、日ごろから、継続的に信念を記録し続けるのは大事かと考えました。

・自分は信用できる人だよ

・だってこんなに前から

・こんなことずっと考えてる

こんな感じで自分の信用材料を作って、残していこうと思います。

 

※ちなみにこのブログもいずれその一つになりうるかなーとは思っていますが、現時点では本名のアカウントとは紐づけていないので、ちょっと趣旨は違うかもしれません。

 

DO

毎日5~10分でできます。

1.ニュースアプリをスマホに入れて、空き時間に関心のあるテーマのニュースをいくつか読む。

2.それについての考えを数行添えてFacebook(本名)で共有する

 

私が使っているのはYahooニュースのアプリです。「テーマを探す」というところから、自分の関心のあるニューステーマのタグを登録でき、特定のジャンルのニュースをまとめて見れるからです。

ほかのアプリを試しまくったわけではないので、他にお勧めのものがあれば教えてください。

私は、教育分野で何かしたいと思っているので、それっぽいタグをたくさん登録しました。

毎日絶対やるぞ!!と決めると構えちゃうので、だいたい一日1個くらい、という感じで今のところ1週間くらい続けています。

 

CHECK

ニュースを選んでなんか意見ちょろっと書くだけ、という作業ですが、

・なんでそのニュースを選んだの?

・どの立場でそのニュースをとらえてるの?

・その問題に対してあなたは何をしていきたいと思ってるの?(もしくは口出すだけなの?)

など、その人が社会的にどういう立ち位置で生きているのかについていろいろな情報が詰まっていると思います。

 

今までのプライベートなfacebook投稿ではいいね!稼ぎを毎回気にしていましたが、こちらの記事はそのつもりはないので、けっこう気楽です。基本数いいね!しか押されませんが、内容によってはぼちぼちいいね!されたりもします。

あとは、だれがいいね!してくれるかで、現在自分が何か発言したときに応援してくれるとしたら誰かが分かるような気がします。

 

 

ACTION

今後も継続予定です。

やってみて初めて分かる、情報発信の気軽さでした。

「疲れた」から見えたもの

PLAN

自分の力で生活している、強くてキラキラしている人にたくさん会っていて、ふとしたときに、「疲れたな」と思ってしまったのでした。

意識の高い動画や本はたくさんみたのですが、中には「今ある人間関係など無駄だ~!無意味な人間関係など捨てろ~!」と言っているものもあります。

なんか違うな、と、思ったのでした。

 

DO

少し、立ち止まって考えてみる。

 

CHECK

確かに、一緒にいて疲れたりするなという友達はいました。

でも、私は友達のハードルが異常に高くて、そういう友達とすぐ疎遠になってしまうのです。LINEの友達も結構しぼっています。

わたしはうつを2度やって(今も治療中)ようやく「会社員は向かない」と気づき起業を考え始めたのですが、この数年間で実際に会って「うつで療養中なんだよね」と話せた友人は本当に一握りです。

その一握りの友人は、みんな、薄っぺらな同情ではなく、本気で気遣ってくれるか、何も変わらないかでした。それが、私には本当に心から支えになりました。

だから、私はこのうつの期間に支えてくれた友人は絶対大事にしていきたいし、確かにビジネスにつながる可能性はゼロだけども、あえてそうはしたくないし、このまま大事にしたいと思いました。

 

また、そういった友達のうち一人でも喜んでくれるようなサービスや商品をつくれるといいなと。多分似たような人が多いと思うので、具体的な誰か一人が喜んでくれるなら、他のみんなも喜んでくれそうな気がします。

世界を変えるようなiPhoneみたいな勢いは最初から出せないけど、そこを目指すんじゃなくて、今身近に残ってくれている人が嬉しくなるようなものを仕事にしたいなと、改めて確認したのでした。

きっと、あの人を喜ばせるのに、無理にモノを売りつけたり、コミュニティに引き込んだりする必要はないだろうな、という具合です。

 

ACTION

今後色んなビジネスが見つかると思うけども、世界を変えるとかトレンドがとか成長性がとか気にするのではなくて、身近なあの人が「いいね!」っていって喜んでくれるだろうか?を第一に考えていく。

紹介された人に誰か紹介してもらおう

Plan

以前お会いした方に(どんな人だったかは以下の記事参照)、「『やってみたい』といったら必ず『できるよ』と言ってくれる人がいる」ということでご紹介いただいた人がいて、その方に会いに行く。

すでに事業をいくつかされていて、質の良い情報もシェアしてくれるということだそうなので話を聞きに行き、自分とマッチするのかを判断する。

 

Do

平日お昼間に都内のカフェでお会いする。

2時間半ほど、相手に考え方やお金が生まれる仕組みを説明してもらった。

自分自身の信頼度、自分自身のコミュニティの多さを大事にしていく、性善説ベースのコミュニティビジネスという感じだった。

 

Check

まだ一度しか会っていないため確実に信頼できる人物なのかどうかは分からなかった。でも話していて胡散臭さや自分を見失っている感じはないし、人の言葉を借りてきたような話しぶりをされるかたでもなかった。

ビジネスの仕組み自体はかなり先進的な感じがした。「お金とサービスの交換」というより「お金を流して信頼とサービスを交換」というイメージだった。短い文章で表現しきれないのと、私自身がすべてを理解しきっていないので、誤解を生まないようにこのくらいの表現にしておきます。

 

聞いているときは「すげー!!」という感想で、帰って同居人に話したところ「コミュニティビジネス(マルチもその一つ)ではあるね」とコメントをもらって少し冷静にはなった。

ただ、お金の価値が下がっていって、その人の信頼度・その人の言動の影響度の高いコミュニティの大きさが価値になっていくという考え方のベースは自分が理想とする世界と共通するものがあるなと思った。

紹介者の方のことを「まあ〇〇くんはもう家族みたいなもんだし、何かあったら絶対助けると思うよ」と言っていたのも一つ信頼要素になるかな…と思った。

 

あと、お会いした人に「ビジネスをやっている

 

Action

引き続き「信頼できる人かどうか?」はよく考えていきたい。

一方で、「コミュニティビジネスに気を付ける」という目標から、

・物を売りつけてくるコミュニティビジネスには気を付ける

情報商材を売りにしているところは今は入らない

・月数万円まで、かついつでも辞められるという状況下でのビジネスを模索する

という目標に変えてみようと思います。

セミナーに参加してみよう※万以上の出費が持ちかけられたら一度持ち帰ろう

Plan

いわゆる「セミナー」というやつに行ってみて、どのようなことが行われているのかを知る。

刺激を受けるものであれば刺激を受けて帰りたい。これから世の中がどうなっていくのか、私自身はどうやって進んでいけばいいのか、一つの考え方として参考にする。

 

Do

知人の紹介で、細金〇希さん主催の「人生戦〇セミナー」に行ってきました。

参加者は250人ほどとのこと。若い女性が目立った印象ですが、40-50代の方もちらほらいらっしゃいました。

第一部の前半は世の中の流れについて。休憩を挟んで後半は自分が何をしたいかを見つける方法。

細〇さんはプレゼンが上手な方で、常に笑いを入れながら聴衆を巻き込み、聞き手の気持ちを盛り上げるようなしゃべり方でした。

第二部は参加者の交流会と〇金さんへの質問会。何人かの方とお話ししましたが、特に変な感じの人はいなかったと思います。

 

Check

事前にすでに独立している友人たち(※下記記事参照)に相談していたのですが、それぞれが言うに、

「悪くはないと思うよ、いい人だとは思う。でもそんなにお金巻き上げなくてよくない?と思う」

「悪くはないと思うよ、でも得るものあるか?」

ということでした。

それを聞いていたので少し斜に構えて話を聞いていたのもあるのですが、率直な感想としては「すごくしゃべりがうまいな~!でも聞いたことある内容だな~!」でした。

聞いた直後はドキドキワクワクしたのですが、帰りながらよく考えるとその辺の本に書いてある内容で当たり前のことだったように思います。唯一間違いないのはプレゼンがめちゃくちゃうまいということです。ぜひしゃべり方のテクニックを教えてもらいたいと思いました。

 

Action

途中に話しがあった「自分がなりたい姿をイメージ画像付きで書きだす」というのを帰ってさっそくやってみたのですが、例に挙がっていたような「何万の食事をしたい!」「遊ぶのに月10万欲しい!」だからお金を稼ぐ、というような考え方は私にはちょっと合ってなかったようです。しいて言うなら疲れた人の居場所も兼ねれるよう都内に近い大きめのところに住みたいなーくらいでした。

「お金は稼ぐけど、自分が関係した人が損したときに全部補填できるようにプール金として貯めておく。稼いだからといって生活水準は上げない」という下記の方の考え方のほうが個人的には合っているなーと思いました。

 

anzen-kichi.hatenablog.jp

 

豪華ななりたい姿を描く方法がうまくいかなかった代わりに、こんな事業やってみたい!こんな小物を置いて、こんな建物で、こんな格好の人が来てくれて…というのをイメージ付きで書いてみました。

イメージ付きで書きだすと、なんとなくぼやーっと考えていたことが具体化してとても良かったです。

悩んだときは個人事業主の友人に相談しよう

PLAN

こちらの記事のビジネスに参加するか迷いました。

 

anzen-kichi.hatenablog.jp

 

結果的に断ったのですが、断るに至るまでに人に相談していました。個人事業主としてすでにすでに2年間生計を立てている友人です。個人事業主など考えていない時期に知り合った人で、彼氏の元同期ということで信頼している人です。

相談は、

・自分の気持ちを整理するため

・安全なビジネスかどうかを確かめるため

以上の目的です。

 

DO

FXの返事を保留してすぐ、友人に連絡を取りました。

返信が早く、すぐにLINEの返事が来て、そのあと時間ができたからといって電話をくれたので詳しく説明して相談しました。

結論は、「やめたほうがいいよ」とのことでした。

・体育会系のノリっぽいから、うつ経験者の私には負担になるのではないか(毎日のグループ通話)

・期限なし手厚い、としても、

・おおもとの組織の所属者で詐欺をやっている人もいるので、注意したほうがよい

・コミュニティに入らせるなどして「儲かる話」「起業の仕方」といった情報を売る「情報商材」は割高すぎることが多い。情報なら今の時代ただで手に入るのでお金を払う必要はない

とのことでした。

 

CHECK

おおもとの組織について知れたのが大きな収穫でした。

やはり数年であっても先に個人事業の世界、起業の世界に身を置いている先輩は、触れている情報量が違うなと思いました。

そもそもコミュニティに入る必要ある?などのアドバイスもありましたが、じゃあどうすればいいのよ…となったのでそこは聞き流しました。いつかわかる日が来るかなと思います。

また、「人に反対されてでもやりたいことかどうか?」を自分に問い直す機会にもなりました。

今回の場合、私もどこか疑っていたと思います。またやりたいことと少し違うという勘もありました。

 

ACTION

友人のアドバイスもあり、ビジネスは断りました。

今後も迷ったときは相談させてもらおうと思います。

皆さんも、起業をめざしたりビジネスへの投資を迷ったときはぜひ個人事業主をしている友人に相談してみてください。1年以上自分の力で生活していて、また失敗も経験している方だと、かなり有益なアドバイスをくれると思います。

「そのような相談できる友人がいない」という場合、

・そういう友人に出会うこと

・すでにいるなら何回か飲みに行って相談するなど、信頼関係を作ること

をまず優先してみてください。

起業家や経営者の来るパーティに行ってみよう

PLAN

現在持っている以外の人間関係を作り、実際に会って話を聞くことで新しい価値観を手に入れる。

あわよくば起業やお金について詳しく教えてくれる人を探す。

 

DO

こちらの記事で出会った人の紹介で、さまざまな人が集まるパーティーに行く。

 

anzen-kichi.hatenablog.jp

 

日時は平日の夜、場所はある都内マンションのゲストルーム。

ふつうのオフィスカジュアルみたいな服で行ったのですが、思ったよりちゃんとしたパーティドレスで来ている人が多く少しおじけづきました。

いい意味で「初めて来ました」感のある人が多く、想像していたような金持ちアピールしている人や、やけに明るい浮足立ったような人はいませんでした。

乾杯ぎりぎりに行くとすでに輪ができていて、隅っこでぽつんとしていたらある男性に声をかけていただいて、少しずつ会話が広がりました。

最終的に10人ほどの方とお話しできました。

 

CHECK

「思ったより安全だった」というのが感想です。3000円のセミナーにぜひ~みたいな告知はありましたが、会場の1割が行こうかな…どうしようかな…という雰囲気を出しているだけで、まったく行く気はないけど出会いのためだけに来てますが何か、という感じの方も多かったです。

主催者の方が「出会いの場を提供したい」という趣旨だとは事前に聞いていましたが、私の見る限りその通りでした。

全員が起業家や個人事業主というわけではなく、起業をなんとなく考えている会社員の方が多かったです。男女問わずスタッフ含め3割ほどの方が経営者、独立済、という感じでした。

もしご興味のある方がいらっしゃいましたらご紹介するのでコメントなりメッセージなりください。

 

ACTION

相手から「連絡先交換しましょう」と言ってくださったお二人と連絡先を交換し、また別日に会うことになりました。そちらも、「人目のあるカフェで会う」というのは守る予定です。

「なんか違う」と思うビジネスのお誘いは断ろう

 テーマ


f:id:oyasumi_guu:20180309043155j:image

今回はFX教室の講師を断ったお話だよ

 

 

Plan

 「120万円でFXの講師にならないか、毎日のミーティングやコンサルトの繋がりもあり、マーケティング、情報発信、経営者マインドなど、ビジネス立上げに必要なことは全て教えてもらえる」という情報商材を買うかどうか悩んだが、なんか違和感があったので断る。

 

Do

 先日のセミナーで出会った人と、その人の師匠とでライン通話をした。

かなり話が盛り上がり、2-3時間話した。

結局120万のFX知識+ビジネス立上げ経験+情報発信や集客のノウハウ等がパッケージとなったコミュニティへの参加を勧められた。

大金ゆえに即答はできないというと、人数に限りがあるので早めに連絡がほしいとのこと。

今週以内に返答するということで電話を切り、個人事業主の先輩に相談した。

 

その結果、今回はお断りしたほうが良いと判断し、なるべく早いうちがいいだろうということで即日お断りの連絡をした。

 

Check

 断った大きな理由

・回答に期限を設けられ、焦らされたから

・リボ払いを勧められたから

・「まずはお金を儲ける」というのが私の理念に合わなかったから

 

どんな人たちだと判断したか

・「理念に合わなかった、今後のご活躍をお祈りしています」と断った。もう返事はないかと思っていたが、わりと可愛いスタンプで返ってきた。悪い人たち、カモを騙してお金をしぼりとろう、というような人たちではなかったと判断。

・今後も何かあったらよろしく、という形で関係を終えることができた。

 

Action

・いったん彼らのビジネスに私が参加することは「失敗」に限りなく近い結果となったのではないかと判断。

・どういうところが私にとって良くなかったのかを分析し、今後持ちかけられるビジネスの話の判断材料とする。

・長期間、毎日、ストイックにやり続けるのはまたうつになりそうなので避けたい。